マッサージ師

マッサージ師の仕事は、自分の手を使って顧客の不調な部分を改善してあげること。
まさに手仕事そのものです。
マッサージにも、リンパマッサージや按摩、ロミロミやタイマッサージなどいろいろな種類がありますが、そのいずれも手仕事であり、専門性の高い仕事です。

系列独自の専門学校

マッサージ師の仕事は、特に資格を取得しなくてもその職業に就けるものもありますが、按摩においては国家資格を取得する必要があります。
そのほか、足裏マッサージなどは、国家資格は必要ありませんが、それぞれの流派によって団体が提供している資格があり、それらの資格を習得することで、初めてその流派のマッサージを提供することができる、と定められている場合もあるようです。
指圧のマッサージによっては、独自の専門学校を開校しており、その専門学校を卒業して、系列のマッサージ店で働くことができるようなシステムを導入しているところもあります。

体力・気力の維持が重要

マッサージ師は、相手の体の不調を調えてあげることが仕事ですので、自分自身の健康管理をしっかりとすることが大切。
顧客の「気」を受けてしまうこともあるようで、すごく体調の悪い人のマッサージを施したあとは、自分がぐったりと疲れてしまうということもあるのだとか。
そうでなくても、人の全身をマッサージするのはかなりハードなことですので、体力・気力の維持が重要です。

前述したように、マッサージにはいろいろな種類がありますが、そのいずれも常に人を募集しているので、求人はたくさんあります。
どのマッサージ師を選べばよいかというのは、ご自身が一度それぞれのマッサージを受けてみて、よいと思ったものを目指すのが一番かと思います。
それぞれに特徴があり、似ているものもありますが、まったくやり方が違うものもあります。
リンパマッサージを修得してから、ロミロミなどを修得すれば、自分が独立したときに両方を施術することができるので、スキルを磨いていくのもよいですね。

独立・開業するには

マッサージ師として経験を積み、将来的に自分のエステなどを持ちたいと思う人も多いでしょう。
その場合には、経験だけではなくあん摩マッサージ指圧師の資格を取ることを忘れないでください。

それと並行して、はり師・きゅう師の資格なども取得できるとマッサージの幅を広げることができますので、他のマッサージ店との差別化を図ることができるでしょう。
方向性としては、店舗を構えて集患を行うことが多いですが、高齢化社会に目を向けて考えれば、訪問治療というのも視野に入れるといいですね。

参考HP@マッサージ店を開業するにはどのようなことが必要なのか | モアリジョブ

また、自分の経験や診療方針などを患者さんに提示するためには、ホームページ作成もきちんと行わなければいけません。
今の時代、インターネットで情報収集するのが当たり前になってきたので、多くの人に自分の存在を知ってもらうことから始めるのが成功への第一歩なのです。

参考HP@整体院などの治療院専門のホームページ制作|クリニックエール

このように、独立・開業して成功するには一筋縄ではいきません。
地道に経験を積みながら経営者としての立場を確立してこそ、本当のマッサージ指圧師としての実力が認められる世界でもあるのです。